カテゴリ:節( 10 )

君が君と思う限り 君は君であり続ける。

君が君と思わなくなったとき、それは君ではなくなる。

君は存在すらしなくなるのだよ。

<第19節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2009-09-02 22:20 |
今、私達は生きている。

生きている、いや、生かされている。

自分で生きている人間・・・いない。

生かされている人間ばかり。

死は生の終わり。”生かされる”ことの終わり。

みんな”生かされる”時間は異なる。

今を大切に。

”生きている”のではなく”生かされている”のだから。

<第18節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2008-10-22 21:30 |
「自分」・・・。

その自分を言うことば。自分自身等々・・・

自分を構成するのに必要なもの・・・他人。

他人があるから自分がある。他人がなければ自分もない。

自分を外見上確認する簡単な術。

鏡。

鏡に映る自分。認識できる。

鏡・・・本当に映っているのは今の自分なのだろか。

違うとも言い切れない。そうであるとも言い切れない。

常に自分に対する「?」を持っている。そう自分はね。

<第17節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2008-02-10 22:26 |
目。

人間が物を見るとき、世界を見るときに必要なもの。
なくてはならないもの。

それがなければ視野からえられるものがなくなるから。

だが、一方で…

人間に偽りを見せているものかもしれない。
目で見るものを本当のものと判断するならば。
偽りの世界、偽りの物、偽りの自分。

すべて人間の目が生み出した幻想かもしれない。

確かめるすべ。

あるはずがない。
ただ、偽りであることを確かめるすべもまたない。

<第16節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-11-29 22:54 |
他人。

自分ではない人間をいう言葉。

それが他人・・・他人の意味。

他(ほか)の人(ひと)、そのまま。

自分がなぜ自分と言い切れるの?

心?体?容姿・・・それで自分はほんとうに自分?

他人以外の人間だから自分になるのか?

一番近くにいる”他人”・・・

それが他ならぬ”自分”なのかもしれない。

<第15節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-10-05 23:56 |
親友・・・という言葉がある。

親しい,友達と言う意味であろう。

が、人間の本質を君は知っているか?

端的に言えば”自分がよければいい”という考え。

人間はバカでおろかなものであるから仕方がない。

その本質を否定する”親友”と言う言葉。

だが、人間は変わることができる。

人に対して,いや自分に対して、さまざまなものに対して。

変わることができる、、それは人間だけ。

おろかな人間に神様が許した方法。

変わることができた人間・・・神の近くに立つべき人間であろう。

常人にはできない、が不可能ではない。

変わることができれば本当に”親友”というものになれるであろう。

親友は”できるもの”はなく”作るもの”でもなく、自分が変わること。

<第14節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-09-25 22:36 |
時間・・・時間・・・時間・・・。

時計のつかさどる時。時。

時?地球・・・そして太陽が決めるもの。

大昔からあるもの,不動なものであり,なくてはならないもの。

時計?人間。人間がつくったもの。

なぜ?なぜ時計がつくられた?

人間の”おろかな心”が生んだもの。

今を大切に,今は今しかない,昨日があり,今日がある,そして明日がある。

すべて時間で決められているもの。

<第13節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-09-22 23:41 |
色・・・色・・・色。

自分が認識する物の色。

その物が主張している色。
生きるため、デザインのため、目立つため・・・
その理由はさまざま。

自分が見ている色。
アカは赤、アオは青、黄はキイ・・・

本当にそれはその色?
自分の認識の中にあるだけでは?
他人がそう言うからその色?

他人も他人である自分の認識の中での判断。

ほんとうは何色なのか・・・

人である以上わからない。
わかる人間などいない。

目と言うものを通して見る限り。

<第12節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-09-14 23:37 |
夢・・・現実の逆。

"正夢"・・・現実と同じ。現実が現実なる瞬間。

夢・・・叶えられるもの、叶えられないもの。
叶えられるから夢? 叶えられないから夢? 

それは人、人の夢だから人。
人がすべてを知っている。自分・・・そう自分しかしならい。

夢・・・何をもって夢というの?

現実・・・何をもって現実というの?

誰も知らない、人にはわからない
生命をおびた生物にはわからない。

現実・・・今生きているこの世界・・・現実?

いや夢。夢かもしれない。

<第11節>
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-09-12 13:36 |
人間はバカ。

そう思っていても、思っていなくても、そう動いてしまう人間。

バカ。

思考能力がなさすぎ。特に恋愛においてね。

最悪な彼氏とわかっていてもそれと復縁する。

自分の中にまだ想いがあるから?それでもいいと思っているから?

だから人間はバカ、大バカ。

自然界にもこんなバカ・・・いねぇよ。

それが人間のいい部分でもあり、悪い部分でもある。

地球上で一番惨めであり,バカな動物は確実に人間でしょうね。
[PR]
by 20070707-1187 | 2007-08-27 23:11 |