サイドボード。

b0114392_1838055.jpg
今では幕やLEDが主流ですが…
今でも確認するときなどはサボというらしいです。

サボはサイドボードの略。

一昔前は列車の側面に必ずついていました。
前面には普通とか快速とかの種別幕でしたからね。
今では行き先を表示してますけど…

終着駅や車両所ではこれを差し替える係の人が居たそうです。
単編成ならまだしも、昔は長編成ばかりですからね。
6両や8、10両の両側を短時間に替えるのはかなりの重労働だったと思います。

このサボ。
知人が入手したもの。
ホコリをかぶっていたのでもらってきました(笑)
実際に2001年まで快速石見ライナーで使用されていたものです。

小さい頃はコレを見て益田行きだ!と判断したもんです。

ちなみに石見ライナーやとっとりライナー時代の28.58の前面幕は…
快速米子→益田や快速鳥取→出雲市だった気がします。

懐かしさを感じさせてくれる1枚です。
[PR]
by 20070707-1187 | 2008-09-09 18:38 | 鉄道話題 | Comments(0)