高架駅比較。

b0114392_23481498.jpg昼間はだいぶ暖かくなりましたね。

ただ朝夕はまだまだ寒い。
雪が降ってもおかしくない寒さです。
できることならこのままあたたくなってほしいんですが・・・そうもいかず、週の中ごろからはまた寒くなるみたいで・・・あぁ~気が重いぜぇ。

さて、特にネタもないんですが・・・

米子の山陰線には高架駅は3つあります。
鳥取駅、松江駅、出雲市駅。鳥取と松江は国鉄時代に作られたものです。
そのかいあってホームは広い&長い外も中も重厚感のある作りで”国鉄”と言う感じです。
中でも鳥取駅は国鉄末期だけあってすごい作り。中2階に待合室がある駅なんてそうありません。
(ただ駅の規模のわりに列車本数が少ないのが・・・中線を持て余してますね。)

一方のJRなって切り替わった出雲市駅。
ほんと”私鉄高架駅”というべきものですよね。ホームは狭いし屋根は狭いし短いし・・・。
こんなもんなんかな~と仕事中も停車してると思いますが・・・どうしようもねぇなあの駅。
とりあえず駅前の駐車場祭りを何とかしてほしいんですが・・・空き地同然だし(^^;

ちょっと駅について個人的感想を書いてみました。

高架に切り替わる前の出雲市駅が懐かしいです(^^)
当時は小,中学生時代でしたが・・・結構覚えてます♪

みなさんの最寄り駅いかがですか?
[PR]
by 20070707-1187 | 2010-01-18 23:59 | 鉄道話題