デフロスタ。

b0114392_1873324.jpg風邪ひいてて仕事してた時・・・

裸眼では規程視力に達していないので仕事中はメガネかけてます。(ちなみに運転士は矯正か裸眼で1.0以上でOK(片目でね))

風邪ひいてて、咳が出る。
お客さんにうつしちゃいけないし・・・
職場でもうつしちゃいけない
と思ってマスクしてました
(だから人相が悪いと書いたんです)

あれですな・・・くもりますな~メガネ。
ほんとくもりますな~・・・前見て運転する仕事なんで厄介。
最初は「おぉ急にくもってきた」と思ってデフロスタNFB入れてもちっともとれない。

って窓じゃなくて自分のメガネがくもってるし・・・。
自分のメガネにもデフロスタか熱線入りにしてもらいたいな(笑)

で、いうところのデフロスタ。
こちらの気動車でももう付いてる車はないに等しいです。
窓ガラスの内側に電線の枠をつけてそれで熱してガラスのくもりをとる装置。
熱線入りガラスが開発前とか、効果が不十分とかの時代に出来たもの。
(実際ついてると前が見にくいんで好きではないです)
(右上の画像の運転席の窓についてるのです)

まぁ47は熱線ガラスですが、NFBは”デフロスタ”と書いてありますがね(笑)

あぁ~今日は暇だから日記ばっか書いてるな。
明日は仕事だ・・・。

<追記同日18時09分>
デフロスタの写真を探してたらあった。
「ふれあいパル」。廃車前最後に山陰に来た時でした。
もうこの車両もこの世に存在してないんですよね・・・。
[PR]
by 20070707-1187 | 2009-02-14 15:54 | 鉄道話題 | Comments(0)